HOME>>お知らせ >>みんなで「放火されない・させない」環境づくり
みんなで「放火されない・させない」環境づくり
 
 放火(疑いを含む)火災は、毎年火災原因のトップを占めており、残念なことに泉州南消防組合管内においても同じ結果となっております。
 放火を防止するためには、「放火されない・させない」環境づくりが大切です。各家庭、地域、事業所が一体となって、“安心で安全な住みよいまちづくり”を進めましょう。


放火火災の実態 
  夜間に人目のつかない、侵入しやすい場所で、次のような放火が発生しています。
  1.家の外やごみ収集場所においている不用品、古新聞等に放火される。
  2.郵便受けの新聞やチラシ類に放火される。
  3.ベランダ等に干してある洗濯物に放火される。
  4.車やバイクのボディーカバーに放火される。
  5.共同住宅等の玄関や階段等の共用部分に置いているものに放火される。
  6.連続放火されることが多い。

ご家庭での防止対策

  家のまわりを明るくし、燃え
  やすい物を置かない

 決められた場所・時間に出す
 車やバイクは路上に放置せず
  また

 
地域での防止対策の例 
 〇地域の実状に即して、町会、自治会、自主防災組織、事業所、関係機関などが
  一体となり、協力体制を確立する。
 
 〇「放火されない・放火させない」環境づくりのため、定期的な環境確認を実施
  する。
 
 〇回覧板や掲示板などにより、地域住民へ放火防止対策についての広報を実施す
  る。
  参考として 放火防止対策チラシ 
 を活用してください。  
 〇地域住民の防火意識を高めるため、防火・防災訓練を開催する。 
 
放火防止対策のチェック
 「放火されない・させない」環境づくりを地域ぐるみでめざすためには、
 1 地域の現状把握
 2 放火火災防止の目標の設定
 3 必要な対策の実施
 4 実施した対策の効果の評価
 という一連のプロセスを継続的に実施することが効果的です。
 次のチェックシート等は、総務省消防庁がこのプロセスを容易に行えるよう考案した ものです。ご家庭、地域、事業所において周辺の環境に関するチェックを行うことによ り、必要な対策を確認していただき「放火防止」にご協力ください。
 
個人用チェックシートと評価方法 (個人住宅を対象としたもの) 
 
地域用チェックシートと評価方法 (町会、自治会、商店街等を対象としたもの) 
 
事業所用チェックシートと評価方法 (事業所や施設の管理を対象としたもの) 
 

作成;警防部予防課
(20117.10.05)

    
HOME消防の紹介緊急の時はお知らせ届出申請用紙リンク
Copyright (c) 2013 泉州南広域消防本部 All Rights Reserved