HOME >>お知らせ >>消火器の破裂事故に注意!

消火器の破裂事故に注意!

〜老朽化した消火器の廃棄処分時の破裂による負傷事故〜

  平成25年7月12日に次のとおり報道発表されましたのでお知らせします。

 去る6月20日、宮城県仙台市において、家庭で消火器(加圧式・昭和58年製)を廃棄する 際に消火剤粉末を放出させようと操作したところ、消火器が破裂して操作者(70代男性)が負 傷(軽症)した事案が発生しました。 また、7月8日には、岡山県倉敷市において、産業廃棄物処理事業者が、事業用の消火器(加 圧式・昭和50年製)を廃棄する際に消火剤粉末を放出させようと操作したところ、消火器が破 裂して操作者(60代男性)が負傷(重症)した事案が発生しました。 これらの事案は、消火器が老朽化していたために、操作時に内圧が高くなった際に底面が抜け て容器が跳ね上がり操作者を負傷させたと推測されます 。
 
出典:一般社団法人日本消火器工業会HP


 屋外に放置されるなどにより外面に腐食の見られる消火器については、中の消火剤粉末の放出等を行おうとしてレバーを操作すると大変危険ですので、決して操作しないようにして ください。
  消火器の廃棄処分については、(株)消火器リサイクル推進センター(03−5829−6 773)において回収・リサイクル窓口を設置しているので、ご活用をおすすめしています 。

詳しくは、「消火器リサイクル推進センター」のサイトをご覧ください。


 消火器(加圧式)の破裂事故は、最近5年間(平成21年度以降、本件発生前まで)においても9件が発生しており、そのうち1件は死亡事故となっています(各事案の概要は下表のとおり)。
H21.9.15 大阪府大阪市 屋外駐車場に置かれていた消火器(H1 製)を操作した際に消火器が破裂し、子どもが負傷(10代男性)
H21.9.16 福岡県行橋市 納屋に置かれていた消火器(S43 製)の廃棄処理中に誤って消火器が操作されて破裂し、負傷(60代男性)
H21.9.30 愛知県一宮市 消火器(製造年不明)の廃棄処理中に誤って消火器が操作されて破裂し、負傷(年齢不明男性)
H21.10.11 千葉県船橋市 屋外にある消火器(S56 製)の移動中に誤って消火器が操作されて破裂し、負傷(70代男性)
H22.2.27 滋賀県栗東市 消火器(製造年不明)の廃棄処理中にレバーを握ったところ、消火器が破裂し、負傷(50代男性)
H23.7.22 徳島県那賀町 住宅解体工事中に放置されていた消火器(S48 製)を移動する際に誤ってレバーを握って消火器が破裂し、負傷(20代男性)
H23.7.25 鹿児島県霧島市 屋外にある消火器(H2 製)を片付けている際に誤って消火器が操作されて破裂し、負傷(70代男性)
H23.8.2 栃木県佐野市 住宅解体工事中に放置されていた消火器(S57 製)の消火剤の放出操作をして消火器が破裂し、負傷(60代男性)
H23.9.11 大分県宇佐市 廃棄物処理業者が消火器(製造年不明)を廃棄処理中に誤って消火器が操作されて破裂し、死亡(60代男性)
○ 全文は、消防庁ホームページをご覧ください。

▲ページトップへ

作成;消防本部予防課
(2013.07.24)

  
HOME消防の紹介緊急の時はお知らせ届出申請用紙リンク
Copyright (c) 2013 泉州南広域消防本部 All Rights Reserved